Good and New

  • 2015.01.16 Friday
  • 18:25
管理栄養士さんのGood and New 四葉のクローバー

昨日、新入居された方の食事の様子を見に行かせていただきました。
その方は療養食を必要とされる方であり、使用できる食材に限りがあるため
通常提供しているお食事とは別途献立を立てています。
限られた調理法、食材の中でもその方においしく召し上がっていただきたいと思い、
献立をたて、調理しています。



入所前の面接時に病院での食事の様子を見させていただく機会がありました。
その際は、家族の介助もあり、落ち着いて全量食事を召し上がっておられました。
昨日はまだホームの環境に慣れていないせいか、
落ち着いて座って食ベることができず、食事中に立ち上がられ
なかなk食事が進まない姿を見ました。
実際にホームで食事をされている様子を見て、栄養士として
「献立を立て、調理して提供する」だけではいけないな、と感じました。

おいしく、栄養のある食事を作るということはもちろん大切ですが、
その方にとっていかに安心して食べていただける食事の環境が大切かということを改めて感じました。
食事を考え、調理・提供するだけでなく、1人1人が安心しておいしく食べていただける環境をケアスタッフと連携しながら作っていきたいと思います。ニコ


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM